スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 魔力送信


魔力送信者への返事

2005/07/25
今日も一日、転がれる日でありますように。
拝み拝みと・・・。
ギルドのLより。


転がすNAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!
拝まなくていいから!!!


2005/07/29
更新しろよと。

すませんったらすいません
_| ̄|○


スポンサーサイト

2005/07/30(土) 16:11:28| 魔力送信者への返事 | トラックバック(1) | コメント(3) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その八

グラスギブネンとの決戦の日が来た。

※超ネタバレ注意 【“彼方より、此方へ続く物語 その八”の続きを読む】

2005/07/30(土) 16:02:01| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その七

あの世のダンジョンを周り、ついにラストダンジョンへ。

※ネタバレ要素を含むので注意 【“彼方より、此方へ続く物語 その七”の続きを読む】

2005/07/30(土) 15:07:42| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その六

私はβテスト開始日に10歳でスタートした。
課金が始まり、転生が実装され、周りの仲間は全員転生した。
すでに数回してるものもいる。
転生したくても、できないもどかしさに焦がれていた。

そしてついに…20歳になった。

使用前

この姿ともお別れ。
レッツ転生!!

使用中

ナオに会いに行き転生!!!!!

使用後

こんなんでました。
この服装にはこの髪型この眼が良く似合う。
しかし…チミッコイ
今度は13歳スタートです。
やっぱLUKもほしいしね!!

さすがにスタミナキツイッス

2005/07/30(土) 14:30:40| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その伍

G1クエストの最終目的地…ティルナノイこと、あの世。
そこに初めて到達した時の話。

あの世の話をしてやろう……


あのよぉ~


※ネタバレにつき注意! 【“彼方より、此方へ続く物語 その伍”の続きを読む】

2005/07/30(土) 13:51:46| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その四

ライトガーゴイルと初戦闘の時の話を語ろう。

トリッキーな動きで翻弄してくるガーゴイル。
不覚にも、ヤツの重い一撃を喰らってしまい吹き飛ばされた。
だが私は、瞬時にカウンターの構えを取った。
すると…

動いちゃやーよ?


楽しげ

マッハガッデム

2005/07/15(金) 17:05:35| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(2) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その参

私はトゥガルドアイルの街道を歩いていた。
昼下がりの午後。だんだんと空が赤く染まっていく時刻。

そこで唐突に天の声が…

トゥガルドアイル伐採キャンプ北に黒い戦士が現れた!!

フ、私のことか。
なにもそんな天の声で言わなくてもいいのに。

黒戦士

なんか集団がいたわけで。
つまるところの、フィールドボスというヤツだ。

私はすぐさま戦いを挑んだ。
そう、今度は巨大熊の時とは違い戦うのだ。
あの頃はまだチミッコだったが、いまは好青年へと成長している。
そして何より、巨大熊に比べて弱そうじゃまいか。

狙うはリーダー的存在ブラックウォーリア。
リーダーカラーのニクイヤツ。

そして戦闘が始まった。
一対一で正々堂々と真っ向勝負のはずが
ヤツはそのリーダーパワーを利用して仲間と同時に仕掛けてくる。
私はすぐさま包囲され、迂闊に動くことができなくなってしまった。

絶体絶命

おのれタヌキめ!!

だが、私はあきらめずに、隙を狙っていた。
そして…

タヌキ:『な、なんだって!?』

敵将!討ち取ったりぃぃぃぃぃぃぃっ!!

次々とその事実に気がつくタヌキ達。
あとは殲滅に時間はかからなかった。

ブラックウォーリアはなにも戦利品を落とさなかった。
しけてますね。

そのでっけぇ剣よこしゃぁあああああ!!

2005/07/15(金) 16:54:15| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その弐

スキル。
それはエリンで生きていく為に必要な物の一つ。
生活に。戦闘に。
己の持つ技術を昇華させる。それがスキル。

スキルにはランクがある。
練習から始まり、F~A。
さらにAから9~6まで存在する。

私はスキル:アタックがBランクになった。
これでより一層、戦闘能力が昇華することだろう。
いつもの様にダンバートンの町並みを見て回っていると…

きこりの…勇者だと!?

クエストが届いた。
きこりの…勇者だと!?
私は魔王だ!
なにやらやたらとブリッ子な喋りをしおってからに。
こんな依頼誰が受けるか!!

だが、AP1の報酬に釣られ、結局依頼を受けてしまうのであった。
たかが1。されど1。

首尾よく赤熊を退治し、トレイシーの元へ報告に向かう。
無事クエストは完了したが…


トレイシー1


勇者じゃNEEEEEEEEEEEE!!!!
しかも愛なんていらNEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!


トレイシー2


無茶言うな。
どんな仕事ですか…
ともかくオゾマシイ出来事は忘れて、APGET!!


その後…別件のクエストでまたもや彼を訪ねることになる…


トレイシー3


滅ぼそう…早くこの世滅ぼそう…

2005/07/13(水) 22:22:31| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


彼方より、此方へ続く物語 その壱

クックック…ぬはははははははは!!!
魔王━━(゚∀゚)━━降臨 !!

私は魔界より、エリンに降臨した。
我が名は魔王。
知ってる者は知っている。知らない人は覚えてね。魔王だ。

私の物語を語ろう。
過去より始まりし、現在へ繋がる物語を…

そう…あれはまだβテストの時代。
未知なる世界、エリンを渡り歩き、空白の知識を少しでも埋めようと
旅をしていた時。

ティルコネイル(以下テルコ)からダンバートン(以下トン)へと通じるトゥガルドアイルの街道を歩いていた。
時刻は深夜になり、辺りは闇が広がり、静寂が漂う。
私は足早にトンへと歩いていた。

するとその時、天の声が

トゥガルドアイル伐採キャンプ北に巨大熊が現れた!!

所謂、フィールドボスというヤツだ。
私はまだ巨大熊を見たことがなかったので見物しに行くことにした。

比較:ヒグマ

取り巻きのヒグマさん

巨大熊

巨大熊さん

比較用:ヒグマ&巨大クマ

比較するとこんな感じ。

少々、このSSでは分かりにくいが…ともかく

でかっ

これは大迫力な熊さんですな。
誰も戦う人が居らず、少し寂しげな熊さん。
だが、私は放置プレイでトンへと向かった事は言うまでも無い。

これが初めてのフィールドボスとの遭遇だった。
他にも色々といるらしい。出会うのが楽しみである。


余談だが、このSSを確認したとき、なにかが写っていた。

それは…

妙にリアルなのがなんとも

タヌキDEKEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!

ドアップでタヌキが写っていた。
巨大熊撮ったのになんでタヌキがそれより巨大ですか。
これがエリンか…


個人的な余談だが、知り合いの某エドの怨念を感じました。

2005/07/12(火) 23:08:29| 魔王編 | トラックバック(0) | コメント(0) 魔力送信


裏 魔王-Style 開設!!

ようやくオープンしました。
細かいとことかどんどん作っていこうと思ってます。

「RESCEND」とは違った感じのサイトにしていくつもりです。
白基調だしっ!…メニューはもろに黒ですが。

開設するにあたって、CSSを覚えたり四苦八苦。
本当は「MovableType」で作っていくつもりでしたが
色々問題があり、FC2にしました。(容量とか…

教えてくれたシャルに感謝感激アメアラレ!

相互リンクは常時募集中です。
激しくお待ちしてます。

ちゃんと更新していけるかな!!

2005/07/12(火) 21:45:47| 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) 魔力送信


このサイトについて

since 2005/07/10
This page is japanese only
クックック…ようこそ裏 魔王-Styleへ…
ここは私、魔王のマビノギ日記メインのブログサイトです。
どうぞごゆるりと御覧くださいませ~

キャラクター
魔王/魔玉弐式
タルラーク鯖:3chメインで活動。
所属ギルド:Freedom

リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
リンクを張った際にコメントにカキコか魔力送信で一言いただけるとうれしいです。
相互リンクも激しく募集してます。

HP名:『裏 魔王-Style』
管理人:『魔王』
リンク先URLは『http://uramaoustyle.blog14.fc2.com/』へお願いします
バナーURLは『http://www003.upp.so-net.ne.jp/maou-style/uramaou/buhin/baner.jpg』

魔力送信ボタンについて
オラに魔力を分けてくれ!!
ヘタレ魔王に君の魔力を分けてあげよう!
魔力送信者には魔王の御加護が漏れなく憑いてくる!!
感銘を受けたら、1まぉ~。簡単ですね。
感想・励まし・御意見・魔王に一言物申す、など貴殿の魔力お待ちしてます。

※よーするにWEB拍手です。

ガイドライン
当サイトに掲載された画像・文章・HTMLの無断での転載・複製・改変等はお断りいたします。
このサイトにおける「マビノギ」から転載されたスクリーンショットなどの著作権につきましては、
運営元であるNexon Japanと開発元であるdevCatに帰属します。
Developed by devCat
Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd.
All rights reserved

2005/07/10(日) 21:11:00| Infomation 魔力送信


PROFILE


1ST 魔王

エリンの地における、魔王の姿。
その魔力はあらゆる奇跡というか
ミラクルを呼び起こす。
最近は魔王と呼ばれることも少なく
タマコロ・タマなど威厳の欠片もない
呼び名が定着している。
両手剣使いなハイランダー

2ND 魔玉弐式

魔玉壱式はどこへ…?
外見がころころ変わる謎の人
魔法型付与士
Calendar
06月 « 2005年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Categories
Links
Web-Ring
まびまびっ マビ!さーち
マビノギ/ウェブリング
back sitelist random next
Others
  • Main side 魔王-Style
裏 魔王-Style
  • Another side 魔王-Style
魔王-Style RESCEND
  • Copyright (c) 2005
    魔王(studio Maou) all rights reserved.


  • Developed by devCat

  • Copyright (c) Nexon Corporation and
    Nexon Japan Co.,Ltd.
    All rights reserved


  • Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。